トップページ  
親睦会のご案内


弥生三月、大阪からちょっと足を延ばして、奈良で集まりましょう。
旬の会席料理を頂きながら、病気のこと、日常のこと、悩み、希望、いろいろなお話して、仲間がたくさんいることを実感してください。
患者さんだけでなく、ご家族のご参加も大歓迎です。
食事のあとは、「ならまち」散策も計画しています。無理なく、ゆっくりマイペースで万葉の街並みを見学しましょう。

   
  日時   2015年3月1日(日) 12:00〜14:00
                   14:00〜1時間くらい、ならまち散策(自由参加)
  会場   『風流味覚 梁山泊』
    奈良県奈良市西城戸町13 
      近鉄奈良・JR奈良駅から徒歩10分
       
  費用   3,500円  (当日頂きます)
       
  
  申し込み方法   2月22日(日)までにハガキに名前、住所、電話番号、参加人数を
    記入して大阪支部事務局宛にお送り下さい。
  FAXでの申し込みも可。
    HPの【お問い合わせフォーム】からも、受け付けています。
   
       集合場所など参加される方には、2月中に、改めて詳細をご案内いたします。
 
 

 「ならまち」


 710年に平城京へ都が遷されたとき、飛鳥の法興寺(飛鳥寺)が元興寺として平城京に移され、この地は「平城(奈良)の飛鳥」と呼ばれていました。現在、「飛鳥」という町名は残されていませんが、「飛鳥小学校」などの呼称にその名を留めています。
 この元興寺の旧境内を中心とした地域を「ならまち」と呼んでいます。平城京の「外京」にあたり、当時の道筋をもとに発展した長い歴史を持つ町です。平城京への遷都以来まちづくりがはじまり、南都と呼ばれる社寺のまちから商業のまちへ、商業のまちから観光のまちへと様々な時代背景の中で盛衰をくり返してきた町でもあります。江戸時代の末期から明治時代にかけての町家の面影を今に伝える「ならまち」は、訪れる人々にやすらぎとうるおいを与え、時には懐かしささえ感じさせてくれる古い町並みです。

           (奈良市観光協会公式ホームページより) 



   <<案内一覧に戻る      △ページトップ

掲示板
お知らせ
筋無力症について
友の会の紹介
医療講演集
支部ニュース
リンク
 
Copyright (C) 2011 全国筋無力症友の会 大阪支部 All Rights Reserved.